東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科

腎臓・高血圧内科の歴史と概要、診療や研究などをご案内しております
HOME
腎臓・高血圧内科について
診療のご案内
教育・研究
入局希望の方へ

更新情報

HOME > 更新情報 > Cutting Edge Nephrology 2017

Cutting Edge Nephrology 2017

2017年11月30日にCutting Edge Nephrology 2017が開催されました。

 

「Cutting Edge」とは「最先端」を意味しており、我々医局員の刺激になるような、現在の腎臓病学の「Cutting Edge」の先生にご講演いただく研究会です。

 

まず、小倉誠准教授の座長で、各研究班の若手医師による研究報告がありました。

腎病理班 「ネフロン前駆細胞置換による腎臓再生」 山中 修一郎

腎生理・代謝班 「Gcm2コンディショナルノックアウトマウスを用いた、マウス成体副甲状腺におけるマウスGcm2遺伝子の機能解析」 山田 琢

高血圧・尿酸代謝班 「当院での原発性アルドステロン症の診断における各負荷試験の正診率」 木戸口 慧

DSC_0590 DSC_0593 DSC_0594 DSC_0589

 

次に、横尾隆主任教授の座長で広島大学病院の正木崇生先生より特別講演がありました。

「腎疾患治療へのアプローチ」 広島大学病院 腎臓内科 教授 正木崇生先生

DSC_0597 DSC_0598

まさに、「Cutting Edge」にふさわしい、膨大な研究成果のご発表があり、我々医局員は圧倒されたままの1時間でした。

 

正木先生、ありがとうございました。

 

また、発表された先生方、お疲れさまでした。

|


更新情報
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

サイトマップ
Copyright (C) Jikei University School of Medicine otorhinolaryngology All rights reserved.