東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科

腎臓・高血圧内科の歴史と概要、診療や研究などをご案内しております
HOME
腎臓・高血圧内科について
診療のご案内
教育・研究
入局希望の方へ

更新情報

HOME > 更新情報 > 地域連携を考える in 東京

地域連携を考える in 東京

DSC_0107  DSC_0111  DSC_0110
2019年9月13日に地域連携を考える in 東京が開催されました。
最初に糖尿病・代謝・内分泌内科の川浪大治先生と腎臓・高血圧内科の松本啓先生からDKDと地域の連携についてご発表があり、特別講演では糖尿病・代謝・内分泌内科の宇都宮一典先生のご発表がありました。
講演 テーマ:DKDと地域の連携について
座長 横田太持 先生(糖尿病・代謝・内分泌内科)
演者 川浪大治 先生(糖尿病・代謝・内分泌内科)
座長 松本 啓 先生(腎臓・高血圧内科)
特別講演
「糖尿病合併症のトータルケア」
宇都宮一典先生(糖尿病・代謝・内分泌内科 主任教授)
糖尿病性腎臓病(DKD)の治療には、地域連携のみならず、糖尿病内科医と腎臓内科医の連携が必要であり、これらの先生方が一堂に会した今回の研究会はとても有意義なものでした。
発表してくださった先生方、参加してくださった先生方、ありがとうございました。

|


更新情報
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

サイトマップ
Copyright (C) Jikei University School of Medicine otorhinolaryngology All rights reserved.